在宅介護の問題点。医療や介護の知識を持っていない方がほとんど。在宅介護を嫌煙する方も多い。もっと在宅介護について知識が深まる機会があればいいのに。

在宅介護の問題点。医療や介護の知識を持っていない方がほとんど。在宅介護を嫌煙する方も多い。もっと在宅介護について知識が深まる機会があればいいのに。

pixta_9409102_S.jpg

入院患者さんの家族の悩みで多いのが、退院後の患者さんの生活ですね。

病気によって体に障害が残ったり、入院生活によってADLが低下したりと、入院前の生活に戻ることが難しい患者さんも多いのです(;´Д`A
そうなると、一人暮らしが出来ないとか、家族の介護を必要としますからね...。

退院のめどが立った時に、家族は
「在宅介護なんて無理だから、施設にお願いします」
って言う人が多いんです(・_・;

たしかに仕事や育児を抱えている家庭での介護は大変かもしれません。

しかし、在宅介護がどんなものか、医療の事や介護についての知識もほとんどないため、ただ漠然と在宅介護は無理だと決めつけている家族も多いんですよね。

在宅で介護をするって、やはり一般の人には気重なことなんでしょうね(;´Д`A

しかし、在宅介護をすることイコール家族が何もかも負担することではありませんよね。

在宅介護を行う時は、往診のドクターを頼んだり、訪問介護や訪問看護も利用できます。

ですから、家族が医療行為を行わなければならないということもありません。

介護サービスの中には、小規模多機能型施設のように、一箇所に登録すれば、訪問介護、デイサービス、ショートステイを受けることの出来るサービスもあります。

また、ケアマネもいますから、困ったことなど相談もできます(´・Д・)」

しかし、そういった知識ってなかなか一般の人には浸透しませんよね。

知らないということは、やはり不安につながり、不安が大きいと嫌煙しがちになります。

もし、そういった人たちが在宅介護に対する知識をもち、介護サービスなど詳しく知識を持つことが出来れば、安心して在宅介護をやってみようか...と思う気持ちも出てくると思うんですよね(^o^)

患者さんにとっては、施設に入所することより、やはり住み慣れた我が家、大切な家族と住める事が、何よりも嬉しいことだと思うんですよね。

もっと在宅介護の知識を深める機会があればいいですよね...。

2014年12月12日|